セキュリティ

庭に玉砂利を敷いて防犯対策をしておこう!

防犯は足元から

積み木と鍵

ストーカーや窃盗、泥棒など毎日のようにテレビのニュースで報道され、防犯の必要性はますます増加していると思われます。しかしながら、防犯となるとお金や手間がかかることが多いので気が引けてしまうと思います。そこで、簡単にできる対策、特に泥棒対策についていくつか述べていきます。やはり自分の家ですから安心して暮らしたい人は多いと思います。住宅でできる対策の一つが防犯カメラです。これには本物のカメラとダミーカメラがありますが実は職業的な泥棒であれば見破ってしまう可能性があるので注意が必要です。また安価に対策できるのが窓用のセンサーです。安いものであれば100円程度で購入できます。さらに、音で知らせるのが防犯砂利です。防犯砂利は安価ですが家の周りすべてに敷いてしまうと費用が掛かりますし、薄く敷くと音が出にくくなるので窓の周りに敷き詰めるとよいでしょう。

防犯砂利のメリットと敷き方には様々なものがあります。やはり泥棒は音が出るものに敏感になっているので、防犯砂利などの音の出るものは一定の効果を発揮します。この防犯砂利を効率よく使うには先ほど述べたように窓のあるところの周辺や侵入されやすいところに敷くことです。侵入経路に対策を施すことで効果はかなり高くなります。ただ窓の近くに敷く場合はジャンプしても届かない程度の広さに敷く必要があります。では防犯砂利の敷き方について述べていきます。基本的には侵入されやすいところに厚さを4センチ以上かつ先ほど述べたようにある程度の広さに敷き詰めます。また、雑草を抜いておくことで音が出やすくなります。防犯砂利は安価で簡単な方法ですがその効果はかなり大きいものです。何か防犯の対策で悩んでいるのであれば砂利を敷き詰めることから始めてみてはいかがでしょうか。