セキュリティ

庭に玉砂利を敷いて防犯対策をしておこう!

防犯対策にも有効な砂利

砂利

玉砂利は見た目はもちろんのこと、防犯対策としても有効性を発揮するものです。玉砂利はきちんと注意点を把握して敷くことでその有効性をより発揮し、外観の雰囲気作りにもつながっていきます。見た目と同時に防犯性を高めるためには、玉砂利の間から雑草が生えるのを防ぐようにすると良いといわれています。そのために防草シートなどを利用し、雑草が生えるのを抑えてからシートの上に玉砂利を敷いていきます。また最近では需要も高く、様々な種類のものが販売されています。色合いも種類が豊富で、組み合わせることによってオリジナル性の高い見た目を作り出すことができます。また防犯目的とした玉砂利も販売されていますので、好みに合わせたものを選ぶことができます。

先にも述べたように、玉砂利は外観を彩るとともに防犯対策として大変有効に利用されています。玉砂利は一つ一つの粒大きいのが特徴で、敷き詰められた上を歩くことで大きな音が出てきます。庭や玄関周りなどに敷くことで誰かが侵入してきたことを気づくことができますので、泥棒などの不審者には大変嫌がられます。種類も豊富なので見た目を損なうこともなく、庭の雰囲気に合ったものを敷き詰めることができます。もともと玉砂利のような防犯砂利はヨーロッパで美観と防犯を目的に利用されていたとされており、近年の日本でも防犯意識が高まったことからこの方法を取り入れ、一般住宅でも気軽に敷き詰めることができるとして人気を集めています。